カテゴリ:全国ネットワーク( 15 )


第48回 子どもの組織を育てる全国集会inさいたま

こんばんは、ブログ担当です。
2018年11月17日(土)・18日(日)に、「第48回 子どもの組織を育てる全国集会inさいたま」に参加しました。

群馬からの参加は6人でしたが、全体では東京、大阪、京都、福岡、神奈川、愛知、静岡や地元埼玉から、2日間で191人が参加しました。
1日目は、地元埼玉の少年団が活動の様子や地域の紹介をし、その後記念講演へと移りました。

【記念講演】
記念講演は、早稲田大学名誉教授で、長年にわたって少年少女センターの活動に携わってきた増山均さんが行いました。

増山さんには、少年少女センターの活動が子どもの成長にとってどういった重要性を持っているかについてや、子どもが育つこと(「発育」という表現を使っていました。)における、アプローチの形について、わかりやすく話をしていただきました。
また、日本が批准している「子どもの権利条約」について、そこにうたわれている権利の形を、具体例も出しながらわかりやすく話していただきました。
【講座】
その後、5つに分かれてそれぞれ講座がありました。
ブログ担当が参加したのは「今を生きる子ども・青年への共感と希望」という題で、一般社団法人子ども・若者支援ネットワーク代表理事の白鳥勲さんが講師を務める講座です。
その他にも、表題だけご紹介すると「新しいつながり歌・遊び」「先輩が語る~今伝えたいこと~」「子どもロコモとその対策~最近の子どものからだと異変~」「子ども組織とは何か」といった講座がありました。
「今を生きる子ども・青年への共感と希望」では、白鳥さんが行っている、学習支援の取り組みについて、難しさややりがい、喜びや現実的な問題、そして、この取り組みを続けていくモチベーションとなる思いや現役の教員をしていた時代に大切にしていたこと(そこから今につながっているもの)などについて、約1時間半、ほぼノンストップでお話しいただきました。
非常に濃密な1時間半で、短く感じたしもっと話を聞きたいと思いました。
かいつまんで書くと、まず白鳥さんの学習支援活動は、もともとは貧困家庭の子どもの学習支援として、中学生を対象に始めたものが、その子どもたちが高校に進学してからのケアや中学生の弟妹のケア、また、中学進学前に必要なケアを行うなどしている中で、どんどんと対象を広げていき、現在は小学生から高校生までをサポートし、埼玉県内で8か所の事務所、80人の専任スタッフと1000人のボランティアを擁し、1600世帯をケアするまでに至ったというものです。
白鳥さんは、現役時代は高校の教員として勤め、その後要請を受ける形で現在の活動を始められたそうです。
詳しい内容を書いていると、終わらなくなってしまうので、非常に印象に残った2つの言葉だけを紹介します。

「福祉を削ることは、未来を削ること」
「日々の成果は出ない。けれども、長期的には光が差す」

これらは、白鳥さんの活動における根本的な考え方を表すとともに、私たち少年少女センターの活動においても非常に重要な、含蓄ある言葉だと思います。


【交流会】
講座後、いくつかのテーマ別に交流会を行いました。
少人数の交流会だったため、時間は短かったのですがみんなと話もできて、良いものでした。

【分科会】
2日目は分科会で、5つのテーマに分かれてそれぞれレポートを持ち寄ったり、様々な話し合いなどを行いました。
ブログ担当は「子どもと遊び」という分科会に参加しました。
なお、その他には「子どもとの関わり」「青少年のリアルと少年団活動」「子ども集団の自治を探る」「おとなの役割」「10代のしゃべり場~中学生・高校生の本音トーク~」といった分科会がありました。

「子どもと遊び」では、各地域が自分たちの地域で行っている遊びを持ち寄り、それを実際にみんなで行いながら、「この遊びのときにはこういったことを意識した方がいい」といった話や、「自分の地域で行うときにはこんなふうにしたい」「この遊びは、できる年齢層が限られる」など自分の活動と今回得たものを照らし合わせながら、それぞれが新しいものを得ていきました。
とはいえそこは、遊ぶのが大好きな指導員たちです。実際に遊んでみる場面では、全員本気で楽しみにいっています。
実はこの分科会、例年、「全国集会は行きたいけど、なんか話し合いばっかりみたいになっちゃうのはちょっと・・・」という比較的若い指導員が一定数入ってくるという噂(ブログ担当調べ)なのですが、今年非常に印象的だったのは、お昼ご飯をみんなで食べているとき、すごく楽しく雑談をしていたのですが、いつの間にか内容が自分たちの地域の悩みなどの話になっていて、ただ別に「話し合いをしようとした」というわけではなく、ただただ自然発生的に、各々が言いたいこと、話したいことをぶつけあっていて、なんというか・・・・ものすごくいい空気でした。

そんな、若い子たちが話しをしている様子を近くで見ていた、全国集会に初めて参加したというあるお母さんは、「こんなに若い、それこそ高校生くらいの子たちが、こんなにも真剣に子どもたちのことを考えているって・・・」と言ったところで、私も「わかります。奇跡みたいな光景ですよね。」と継いだら、「ほんとにそう!」と、目を輝かせていました。
実際に、ここで話していた高校生や大学生の世代の子たちには、事情あって学校を休むことが他の子よりも多い子もいれば現役の慶応大生もいて、かと思えば高卒で働いている子も、「普通に」高校に通う子もいます。そしてそこに貴賤はなく、同じ思いとして子どもたち(自分たちの下の世代)のことを真剣に考え、悩み、その成長をよろこんでいます。
本人たちにとっては、それを当たり前のこととしてこれまでを生きていたこともあり、特別な意識はないのかもしれませんが、これほど未来に明るい話はないでしょう。

「自己責任論が独り歩きしている今の時代は、助け合うとか、誰かを支えるといった関係性が、どんどんと希薄になっている」というのは、これは前日の講座の中で出た言葉なのですが、実際にそう感じます。

そんな中でも、こういった意識を持つ若い子たちが、自分の利益ではなく、というより、それ(子どもの成長や変化)こそを自分の喜びとして活動をしているというのは、奇跡と言うに足るだけの価値がある、と、ブログ担当はこの時を振り返って思いました。

【さいごに】
最後に、群馬から参加した大学生の生の声から、一部を抜粋して紹介します。

いろいろな地域の人と話をすることができたのが楽しかった。初参加で不安が大きかったけど、初めてでも話しかけてみたらみんな歓迎してくれるこの空気感、大好き。
  単純に抽象的な「子供を楽しませる」じゃなくて具体的にそのためにはどうすればいいのかを改めて考え直すきっかけになった。指導員はどうあるべきか、指導員はどういう存在か。
 分科会で、参加者が相談している悩みに対して「その子の年齢は?」「全体の子供の人数は?」など、具体的な状況を把握していくことで、みんなで解決していこうとしている姿が印象的だった。

【来年は京都!】
こうして、濃密な1泊2日の全国集会が終了しました。
来年は京都での開催とのこと!
楽しみにしています。


過去のキャンプの様子などは、キャンプ記事カテゴリーからご覧いただけます。

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2018-11-19 01:30 | 全国ネットワーク

子育てシンポジウムを開催しました

こんばんは、ブログ担当です。
2月18日(日)に、子育てシンポジウムを行いました。
参加したのは、1都2府6県から61人!
前橋市の、昌賢学園前橋ホール(前橋市民文化会館)で行いました。
a0290864_20125707.jpg
司会進行はぐんま少年少女センターの高校生と大学生!
初々しいながらもしっかりと司会進行を行ってくれました。
a0290864_20124508.jpg
シンポジウムは、パネリスト4人に助言者・ファシリテーターを加えた6人が前に座り、各パネリストの取り組みについて紹介しつつ、会場からの質問に逐次答えていく形式で進められました。
a0290864_20124517.jpg
その中で、パネリストからの報告に会場からたくさんの質問や賛同が出ていたと同時に、「ではこの質問には、会場にいる若い子の意見も聞いてみましょう」といった急な振りもあり、とても真剣な、実のある話の中でも、ところどころに笑いや温かさのある会となりました。
a0290864_20124509.jpg
ちなみに、急に話を振られた若い子は、急に振られたにもかかわらずしっかりと受け答えをしていて、会場から関心の声が上がっていました。

最後も司会の2人が会場を温めながら締めてくれたので、非常に良い雰囲気で会を終了することができました。
会場で、「ぐんま少年少女センターの活動は、ブログに詳しく載っています」などと大見得きってしまったので、これからはきちんと更新していきたいと思います(自戒)。
a0290864_20124531.jpg
不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2018-02-18 23:10 | 全国ネットワーク

全国集会in大阪

こんばんは、ブログ担当です。
ご報告が遅くなりましたが、11月18日・19日に、兵庫県尼崎市で開かれた「第47回子どもの組織を育てる全国集会in大阪」に参加してきました。
東京・神奈川・福岡・愛知・静岡・京都や地元兵庫・大阪などから、全体で130人ほどの参加があり、ぐんまからも高校生を含む6人が参加しました。
・・・とその前に、せっかく兵庫県に来たので、中華街で腹ごしらえをしてから会場に向かいます。
ミニサイズのラーメンと、「日本で最初の豚まん」
ゴマ団子
小籠包
コロッケ(これは中華街の外)
角煮まん
ラーメン(2回目)
小籠包(2回目)
a0290864_23373120.jpga0290864_23373351.jpg

a0290864_23373285.jpga0290864_23373294.jpga0290864_23373364.jpga0290864_23373325.jpg

いやー、神戸を満喫しました。

そしていよいよ全国集会へ。
オープニングでは、さすがとしか言いようのない、笑いにあふれた各少年団・地域の紹介や挨拶がありました。
【基調報告】
基調報告では簡単に遊びを行った後に、子どもの「遊ぶ権利」のこと、宿題ほか「やらなきゃならないこと」に時間をとられていく現代の子どもの状況、突出することがはばかられたり文句を言わないこと・大人しくしていることがよいとされる空気の中で「やりたい!」という気持ちすら奪われていく社会の中で、少年団が果たす役割とは何かという話などがありました。
【全体企画】
その後、全体会の会場で、「少年団の魅力って何?」と題して、参加者が小グループに分かれてそれぞれで話し合いました。
ブログ担当のグループは、大阪の指導員(進行)、大阪のお父さん、京都の大学生、埼玉の指導員、尼崎のお母さん、尼崎のお母さん(2人目)とブログ担当の7人でした。
小グループでは、「お互いに認め合うところ」「恩返し」「上下ではなくフラットな関係性」「子どもの新しい可能性を見ることができた」などといった、魅力や少年団活動へのかかわり方についての話が出ました。

【講座】
①「子どもの発達と遊び」~実践編~
②「専門家からみた子どもの組織の魅力と可能性」
③「子どもたちの今と地域活動」
④「気になる子を応援しながら一緒に歩む」
⑤「少年少女センター活動実践報告」
の5講座があり、ブログ担当は、「子どもたちの今と地域活動」の講座に参加しました。
教育現場から見た今の子どもたちが置かれている現状や、先生たちの苦労、寄り添いたくても寄り添えない(そのための時間すら取れない圧倒的な事務量)などの現実を紹介されたり、質疑の中では現役の学生や、学生を子どもに持つ親からの意見などが出ました。
その中ではSNSによるいじめや、新しいコミュニケーションの形(SNS上で付き合って、SNS上で別れるなど)もについても話されました。ブログ担当も、各種SNSで情報を発信するために、最低限の仕組みは理解していますが、SNSの良さとリスクについては常に考えています。簡単につながれる反面、文字だけでは伝わり切らない微妙なニュアンスの齟齬があったり、承認欲求に振り回されている子ども(大人も)の姿を見ていると、どうしたものやら…という思いが募ります。

【分科会】
①子どもと遊び
②子どもとの関わり
③青年のリアルと少年団活動
④自治の見える活動
⑤親・大人の役割
分科会は、②子どもとの関わりに参加しました。
各地域からのレポートを読み、午後からはそれぞれに対する意見交換や実践の共有などが行われたのですが・・・
私を含む、「チーム・ぐんまから車で来た」の3人はお昼まででタイムアップ。
高校生を無事に家まで送り届けるため、一足早く帰途につきました。

【余談】
帰りの車の中での話。
全国集会の参加条件が「週明けのテストに備えて勉強する」だった高校生。車内で日本史の勉強を始めます。
教科書の近現代史の箇所からクイズを出していき、ひたすら答えていきました。
ブログ担当、近現代史は得意分野だったので、教科書にないヒントを小出しにしたり、用語や時代背景の解説をしながら道中の数時間、勉強をしていました。

今回、高校生が1人参加してくれましたが、2月にはぐんまでシンポジウムも開催されます。
その時にはもっとたくさんぐんまからも若い子が参加し、また、他地域の学生とも交流が図れたらいいなと考えています。

皆さんその時はよろしくお願いします。

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2017-12-16 23:25 | 全国ネットワーク

少年少女センター全国ネットワーク シンポジウムin京都に参加しました。

こんばんは、ブログ担当です。
ブログをなかなかまとめられなかったので更新できませんでしたが(今なおまとまってはいませんが)・・・、2月18日に少年少女センター全国ネットワークのシンポジウムが開催され、群馬からも2人が参加しました。
a0290864_16295382.jpg
シンポジウムでは、「子どもの育ちと少年団」~子どもと関わる仕事をする中で改めて感じる少年団活動の意味~

と題して、教員、保育士、児童相談所職員(臨床心理士)、児童館職員の現役職員や元職員の方々をパネリストとして招き、子どもと関わる仕事をしていく上で感じる楽しさ、やりがいや、直面する課題、困難などについての話を聞きました。

また、会場とのやり取りでは、少年団活動を説明する言葉をどう選んでいったらいいかといったやりとりもなされ、非常に有意義な4時間となりました。
a0290864_16295490.jpg
非常に印象に残ったのは、元保育士さんが「保育士として学ぶ法や指針の一節で、一番好きなところ」として話された、保育の目標を表す一文です。

“子どもが、現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うことが保育の目標である。”
(保育所保育指針 第一章 総則 1保育の原理 (1)保育の目標)

最後の「保育の目標」を「少年団」などと置き換えても十分に通じる、素晴らしい言葉だと思いました。

各パネリストとも、子どもが好きで、仕事に熱い思いを持っていて、不合理に立ち向かう心と子どもを包む優しさがあふれる話をしていて、聞いていてとても心強く感じました。


また、大学時代を京都で過ごしたブログ担当は、シンポジウム翌日の19日に、京都市左京区の2つの少年団に遊びに行きました。
a0290864_16295461.jpg
まずは朝一番、9時から11時までようとく少年団へ。
前日に団の指導員とご飯食べたり、連絡を取っていたこともあり、今はあまり関わっていないけどかつてようとくに来ていた指導員たちも続々と集まり、20人以上の団会となりました。
卒団の式に向けた話し合いや、フリスビー、バレーボールなどの遊びを行いました。

その後、お昼をはさんで13時から15時までスパロウクラブの団会へ。
a0290864_16295481.jpg
キャッチボール、缶けり、Sケン、サッカー、ブーメラン・竹とんぼ飛ばし(前回の団会で製作)などを行いました。
初めて参加してきてくれた男の子もいて、「また参加したい」と言ってくれていたのは収穫ですね♪


どちらの少年団も、ブログ担当が学生時代に小学生や中学生だった子どもが現在の団の指導員として頑張っていて、なんだかすごく不思議な気持ちになりました。
そして、こちらが全く覚えていないのに顔を覚えていてくれたり、「○○(ブログ担当)が来るって聞いたし」と顔を出してくれる律義さにちょっとした感動を覚えたりしました(笑)

見下ろしていた子どもたちが、いつの間にか見上げるくらい大きくなってゴッツゴツの体になっていたのはさすがに驚きましたが(笑)

そんなこんなで少年団漬けの2日間、楽しく、また新しい学びもありつつ過ごすことができました。

また全国集会で、会えることを楽しみにしています♪

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2017-02-25 16:44 | 全国ネットワーク

全国集会in焼津(静岡県)2日目

こんばんは、ブログ担当です。
11月19日・20日の2日間、「子どもの組織を育てる全国集会in焼津」に参加してきました。
2日目終了段階での参加者が200人ということで、近年でも大きい規模な全国集会となりました。

1日目の様子は全国集会in焼津 1日目の記事をご確認ください。
2日目の簡単な流れは以下の通りです。

・起床、朝食、お散歩
・分科会
1 「子どもと遊び」
2 「子どもとの関わりって?」
3 「青年のリアルと活動」
4 「キャンプ・学び合いと自治」
5 「おとなの役割」
・全体会


【起床、朝食、お散歩】
起きてご飯を食べた後、ホテルから徒歩1分の海岸に行きました。
a0290864_23300025.jpg
やっぱり、富士山はきれいです。
何人も全国集会の参加者が来ていて、各々お散歩したり写真を撮ったりしていました。
a0290864_23300210.jpg
a0290864_23295942.jpg
a0290864_23300451.jpg
写真は、ぐんま少年少女センターから参加している、「画になる未就学児A」
この直後、海岸に生えている植物にサンダルひっかけて脱げてたのは内緒(笑)


【分科会】
2日目のメインは分科会です。
いくつかのテーマに分かれて、各地の実践を紹介し合ったり、悩んでいることや聞いてみたいことを聞き合ったりします。
ブログ担当は、3 「青年のリアルと活動」に参加しました。
a0290864_23300627.jpg
まず、進行を担当する世話人さんから、
1 今回のテーマについて、何かの答えを導き出すようなものではないこと
2 最初は簡単な自己紹介のあと、各地が用意したレポートを読む中で感じた意見を交換していくこと
3 お昼をはさんで午後になったら、また別のテーマで意見交換をしていくこと
が提案され、その流れで行くことになりました。
ぐんま少年少女センターからもレポートが出され、発表を行いましたが、各地のレポートからは、
・学生生活や仕事と、センター活動・少年団活動の両立の難しさ
・運営側の立場として、そういった両立が難しいことも理解しつつ、活動に参加してほしいという思いとのジレンマ
・仕事における子どもとの関わりと、活動における子どもとの関わりの違い(ギャップ)が苦しい
・「時間がない」という言葉を使わざるを得ない学生・青年と、「それほどでもないだろ」と思ってしまう親やベテラン勢の意識のずれ

といった話が出されました。
また、お昼ご飯をはさんで午後は、自分の行っている活動と、社会・世間にずれを感じた瞬間や、仕事・学業と活動を両立させたことで見えた少年団活動・センター活動の魅力について話し合いました。
a0290864_23300634.jpg
ある保育士さんは(分科会に保育士さんとそれを目指す人、資格だけは持っている人あわせて5人以上いました)、「子どもたちの自主性を重んじたり、それぞれの成長のペースの合わせようという意識を少年団活動では持っているが、いざ仕事にそれを活かそうとしたときに、30人からなる子どもたちを一度に動かさなければならない、一気に見なければならないことによって、どうしても「管理」という形が大なり小なり発生してしまう」「また、その管理に慣れていってしまうことで、活動中にその色が出てしまうことがあり、自分でいやだなと感じることがある」といった話をしていました。
また、現在の日本が、提供されるものを消費したり鵜呑みにしていけばいいという、まるで「自分で考えること」を否定するような価値観にあふれていて、「自分の頭で価値判断をする」「きちんと意見する」子どもが活きにくい形になっているような気がするといった話が出る中で、少年団活動の中で「自ら考え、行動する力を育てる」という方針が、世間の考えに逆行している(子どもを逆風にさらすことになる)ような感覚になるといった話も出ました。

親・指導員・学生・社会人・事務局・保育士・今は関われていない人・もうすぐ就職する人・・・
それぞれが「一つだけではない」立場の中で、自らの思いを話し、また、自分とは異なる立場や似た立場にいる人の話を聞くことで、新しい発見があったり、自分の活動に自信を持てたりできる会でした。


【全体会】
最後の全体会では、各分科会の報告と、前日の講座の報告があり、また次回開催地の大阪から挨拶があったりしました。
来年は大阪開催です!
大阪はみんな楽しい人ばっかりだし、締めるところと抜くところのバランスがすごくいいので、いい全国集会になると期待しています。
a0290864_23300732.jpg
a0290864_00171196.jpg
a0290864_00171098.jpg
最後に、もう一枚富士山。
a0290864_00171171.jpg

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-11-20 23:22 | 全国ネットワーク

全国集会in焼津(静岡県)1日目

11月19日・20日の2日間、「子どもの組織を育てる全国集会in焼津」に参加してきました。
2日目終了段階での参加者が200人ということで、近年でも大きい規模な全国集会となりました。
ぐんま少年少女センターからも学生1人を含む7人が参加し、学習や交流を行いました。

1日目の簡単な流れは以下の通りです。

・始まり(全体会)
・基調報告
・企画 「激突! 親の言い分対青年の言い分」
・講座
A「今こそ伝えたい平和の思い」
B「どの子も大切にする“学校と地域”~子どもにかける思い」
C「少年少女センターの歴史と子ども組織」
D「うばわないで! 子ども時代~第五福竜丸のまちで語り合い・考える」
・夕食会&交流会

以下、ざっくりと書いていきますが、その前に、「全国集会」「少年団」「指導員」など、普段聞きなれないであろう言葉や、ブログに頻出する言葉などを用語解説のページで解説していますので、よろしければこちらもご確認ください。


【始まり(全体会)】
現地実行委員会委員長挨拶、全国ネットワーク代表挨拶のあと静岡センターの歩みを、映像・音楽・寸劇などを交えながら振り返っていきました。
a0290864_14403005.jpg
a0290864_14403116.jpg
【基調報告】
基調・・・基となる調(しらべ)、「根底を流れるもの」「全体を通してのテーマ」といった意味合いでしょうか。
全国ネットワーク事務局長の神代さんから「子どもの権利を真ん中に 子どもの権利の花を咲かせましょう」と題した基調報告をもとに、少年少女センター全国ネットワークの歴史とこれまでの取り組みについてや、私たちが行っている活動が持つ意味合い、当たり前にやっていることがいかに社会において重要な意味を持つか、について話されました。
・子どもの権利条約について
・子どもの「居場所」について
・遊びと学びと働くこと(役割を持つこと)について
などを噛み砕いて説明・報告するのを、みな真剣に聞いていました。

【企画】
ここでは、『「少年団に参加する子ども」の親』と、「少年団の指導員」を一つの対立軸に置く中で、それぞれが普段言えない思いについて、数人のグループに分かれて話し合いました。
ただ、この集会にはその軸には収まらない「友人に誘われて子どもへの取り組みや親の本音などを聞ける集まりだと聞いて来た」という方もいらっしゃったので、「少年団」や「指導員」といった、私たちが当たり前に使いながら、世間ではなじみの薄い言葉や世間での使われ方とは意味合いが異なる言葉を解説しながら、どちらの極にも属さないフラットな目線で見た意見を聞きました。
その中には、はっとさせられる意見もたくさんありました。
a0290864_14403121.jpg

【講座】
ブログ担当が参加したのは、D「うばわないで! 子ども時代~第五福竜丸のまちで語り合い・考える」でした。
講師は、焼津市出身で子ども白書編集委員会事務局長・小田原短期大学講師の斎藤史夫さんと、獨協大学4年生で朗読グループ“種まきうさぎ”の長島楓さん。
斉藤さんは、どちらかというと進行や補足をメインにされて、主な内容は長島さんがお話ししてくれました。
長島さん自身が福島県出身ということもあり、震災の状況や、その後のボランティア活動の中で、子どもたちが心に抱えてしまったものなどにたくさん触れています。
一方で、それらの情報が他の地域ではほとんど知られていないことから、そういった情報を発信していくべきだということで、様々な取り組みをされています。
今回も、子どもたちについてのとてもリアルなお話をしていただきました。
・どこかで遊ぶのも、何かを食べるのも、「線量」「被ばく」を気にしなくてはならない生活というのは、容易に想像することもできないくらい、現実離れしたことのように感じますが、それが福島では「当然」のことであり、それによる制限や制約がまだ多いこと
・「自然と触れ合う」というごく当たり前の行動が、当たり前にはしがたいという状況があることや、近所の方からおすそ分けでいただいた野菜や果物を簡単に口にはできず、受け取っても断っても関係がうまくいかないことにストレスを感じてしまうことなど、「地震の被災者」である以上の、困難を抱えているということ
・子どもの被ばくに過敏に反応する親、無関心すぎる親、同じ「被災地に住む子どもの親」でも、考え方の相違や軋轢が生まれてしまうこと
・「お受験」でも、「学校での仲の良さ」でもなく、「放射線に対する意識の違い」から、子ども同士を関わらせにくくなってしまう親の心境
・津波や原発の影響で校舎を失い、他の学校を間借りして授業を受ける学生の状況
・みんながいろいろな学校にバラバラに振り分けられるため、部活動もままならず、また仲の良かった友達とも疎遠になってしまう上に、行った先の学校でもその学校の子たちと関われない環境にあること(学校における生活空間が分断されていて、元いた生徒側からしても新しく来た子たちとどう関わっていいかわからない)
・心無い言葉をかけられたりすることが、依然として存在すること、「福島県出身です」と言いにくい空気があること(「え?震災大丈夫だった?」とほぼ聞かれるが、実際は大丈夫じゃないけどその話をするとひかれたりするので、「大丈夫」と答えるしかない→ストレス)
・総じて、一概に「これが問題です」とは言い切れない、あらゆる問題や困難が複雑に絡み合っていて、解決の糸口を見えなくしてしまっていること
・被災者自身が、様々な「タブー」を心の中に持っていることで、自分からも情報を発信しにくくなっているし、それが問題を見えにくくしているところもある(被災者が悪いということではなく、そうしてしまう・せざるを得ない空気がある)ということ
・そして、そんな中でも、みんな懸命にやっているということ

そういったお話を、ストレートに、しっかりとした言葉でしていただきました。

大学4年生にしてここまでの「伝える力」があるということに、うらやましさを感じる一方で、一体彼女はどれだけの経験をしてきているのだろうという思いもありました。
おそらく、通常の同世代の人たちが歩むよりもよほど濃い人生を幼少のころから歩まなければ到底得られないような、感受性と表現力を持った方でした。
そして、見ていてうらやましくなるくらい、福島という土地が好きなんだなぁという感じがしました。
地元を好きでいられる、地元に誇りを持てるというのはそれだけで、活動していく上でのとても大きな原動力になるものだと思います。
ブログ担当も、グンマ愛を表現してはばからない人間ですが、さらに見倣っていきたくなりました。
a0290864_14402907.jpg

【夕食・交流会】
乾杯の音頭をブログ担当(私)がとらせていただきました。
今回、会場使用の都合で、若い子たちだけで夕食交流会(大人は別室)となったのですが・・・・
いやはやすごい・・・
みんな楽しそうで・・・
ブログ担当など、何の印象にも残らなかったのではないでしょうか?
a0290864_14403036.jpg
a0290864_14522850.jpg
a0290864_14522763.jpg
唯一、ぐんま少年少女センターの紹介だけは、わずかな「ネタ」をみなさんに提供できたので良かったです。

「HP?」「いやいや、officialのほうです!」(内輪ネタ)

その後も夜遅くまで交流は続き・・・
a0290864_14403043.jpg
全国集会は2日目に続きます。

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-11-19 23:59 | 全国ネットワーク

全国ネットワークとは

こんばんは、ブログ担当です。
今日は、書こう書こうと思ってずっと書けなかったことを書こうと思います。
カテゴリの項目にもなっている「全国ネットワーク」とは何かについてです。
私(ブログ管理人)自身、正確に「こう」というのを出すことは難しいのですが、ざっくり、やんわり噛み砕いた形で紹介したいと思います。



続きを見るにはこちらから
[PR]

by blog-gssc | 2015-12-06 22:56 | 全国ネットワーク

全国集会in福岡 2日目

こんばんは、ブログ担当です。
遅くなってしまいましたが、11月14日・15日に、「子どもの組織を育てる全国集会IN福岡」に行ってきました。その2日目の報告です。


続きを見るにはこちらから
[PR]

by blog-gssc | 2015-11-26 23:11 | 全国ネットワーク

全国集会in福岡 1日目

こんばんは、ブログ担当です。

11月14日・15日に、「子どもの組織を育てる全国集会IN福岡」に行ってきました。



続きを見るにはこちらから
[PR]

by blog-gssc | 2015-11-18 22:51 | 全国ネットワーク

全国集会まであと3週間を切りました

 こんばんは、ブログ担当です。
 全国集会まであと3週間を切りました。
 全国集会って何?
 という声もあると思います。


続きを見るにはこちらから
[PR]

by blog-gssc | 2015-10-25 21:40 | 全国ネットワーク
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31