あそび紹介9・Who am I?(ふーあむあい)

ぐんま少年少女センターのイベント内で行われているあそびについて紹介します。
第9回は、「Who am I?(ふーあむあい)」です。




1おすすめの実施人数=何人でも(低学年の子には厳しいかもしれない)
2必要な道具=お題が書かれたカード、テープ
3コートの有無=なし
4遊ぶ広さ=広くなくてもできる
です。

【ルール】
・準備・
一人にいちまい、お題のカードを配る。
貰ったカードを、貰った本人は絶対に見てはいけない。
カードは、背中にテープで張り付けるか、おでこの上で持って固定する(テープがない場合)

・ゲーム・
1 スタートしたら、誰かと向き合う(なるべく1対1で)。
2 互いの背中(おでこ)に書かれたお題を見せ合い、互いに一つずつ質問をしていく。質問は必ず「私は、○○ですか?」とし、相手は質問の答えに、ウソをついちゃだめ。
3 お互いの質問が終わったら、また別の人を捕まえて1から繰り返す。
4 自分が何者かわかったら(正解したら)、ゴールで待つ

・展開例・
世代や能力によって、カードの難易度を変えてもよい。
大人の方が楽しめてしまうので、中学生以上のイベントなどの方がおすすめ。
これまでで最も凄かったお題は「神棚」と「北陸新幹線」
「正解したらゴールで待つ」ではなく、「正解したら次のお題」にするとずっと続く。
a0290864_01492612.jpg
このゲームの
○良い点
とても考える割に楽しいので、比較的広い世代で楽しめる
遊ぶ場所に広さを必要としないうえに、屋内でもできる
この遊びだけで、結構な時間を必要とする(良し悪し)

※気を付けること
こーゆーの苦手な子はとことん苦手
まず「質問をする」ってこと自体にハードルを感じてしまう可能性もある
そこは大人ががんばってください。


このほか、ぐんま少年少女センターで行っているあそびは、あそびの紹介ページまたは以下から御覧ください。

あそび紹介・1 自己紹介ゲーム
あそび紹介・2 天下
あそび紹介・3 三色おに
あそび紹介・5 ミイラ
あそび紹介・7 じゃんけんおに
あそび紹介・8 神々の遊び

また、そもそもなぜ遊びの紹介ページを始めたのかについてはなぜ、遊びの紹介ページを作ったかについてのページをご覧ください。
不明な言葉などを用語解説のページで解説しています。
このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-01-09 00:14 | あそび紹介
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30