あそび紹介8・神々の遊び

ぐんま少年少女センターのイベント内で行われているあそびについて紹介します。
第8回は、「神々の遊び」です。




1おすすめの実施人数=5人以上(低学年は厳しいかもしれません。なお、中高生だけ・大人だけでやると異常に盛り上がります)
2必要な道具=なし
3コートの有無=なし
4遊ぶ広さ=鬼ごっこするときより若干狭いくらいが良い
です。

【ルール】
・基本は鬼ごっこと一緒。鬼(=神。以下全て、鬼のことを「神」と記載します)にタッチされたら、神交代。
・神は、子にタッチする際、お題をひとつ言う。
 例)「好きな食べ物」など。「好きな色」「行ってみたい国」などでもよい。
・神にタッチされた子は、神から出された問いの答えを三つ言うまで動けない。
・お題に3つの答えを言えたら、その子が次の神になる

※この遊びは、ブログ担当が京都に住んでいた時に左京センターの指導員合宿で高校生が考えたものです。
 その時のテーマが「鬼ごっこをベースに、新しい遊びを考える」でした。
「左京センター」「指導員」については、こちらのページで解説しています。
a0290864_00075042.jpg
実は、厳密に言うともっと細かいルールがあるのですが・・・
制作者の意思を尊重し、正確なルールについてもここに残しておきます。
神々の遊びをしっかりと遊びたい方は、どうぞ忠実にお遊びください。

・ルール(正確)・←基本のルールに追加する
・子は、誰一人として「止まって」はいけない。必ず、最低でも足を動かし、棒立ちになってはいけない。
・棒立ちになっているところを神に見つかると、「こらっ!!」と怒られる。

変なルールですが、ここにもきちんとした意図があります。
そもそも、このゲームは、「鬼ごっこにおける鬼の交代の瞬間」に着目して、タッチされた子が、すぐにさっき鬼だった子にタッチする「タッチ返し」と、それをできなくするために考えられた「10秒ルール」(鬼にタッチされた子は、10秒数えてから走り始める)を、もっと面白くできないかと考え、作られました。
「タッチ返し」がアリだと、反射神経がいい子はずっと鬼になりません。「10秒ルール」をすると、10数える間、周りはただ待つばかりです。
やってみると分かりますが、お題が面白いとそれになんと答えるのかを聞きたくって、神候補者の近くに人が集まってきます。
鬼の近くに子が行くという珍現象が起きるのです(笑)

「こらっ!!」も、鬼ごっこの間、端の方でつまんなさそうに突っ立っている子が出てくることがまあよくあります。そんなとき、なんかしたいなーと思って、このルールを作ったそうです。
これ、ルール説明で「こらっ!!」を説明すると、まず間違いなく「なんだそりゃ(笑)」という笑いになります。これが大事で、いざゲームが始まって、突っ立っている人に「こらっ!!」と言っても、それは「ルールに忠実にやっているだけ」です。神も笑いながら「こらっ!!」と言うし、言われた方も渋々ながら、笑って足を動かし始めます。
棒立ちしていたい子は、神の目を盗んで棒立ちすればいいわけで、これも立派に「遊びに参加している」ってことになると思いませんか?
みんなが楽しめることを求めた結果なのでルールはとてもシンプルですが、結構楽しいのでぜひやってみてください。

なお、京都で仕入れた(と言うかこっちは私の班が作った)あそびが、じゃんけんおに(当時は「弱肉強食」と言うネーミングでした。)です。

このほか、ぐんま少年少女センターで行っているあそびは、あそびの紹介ページまたは以下から御覧ください。
あそび紹介・1 自己紹介ゲーム
あそび紹介・2 天下
あそび紹介・3 三色おに
あそび紹介・5 ミイラ
あそび紹介・7 じゃんけんおに

そもそもなぜ遊びの紹介ページを始めたのかについてはなぜ、遊びの紹介ページを作ったかについてのページに書いています。
また、ブログの中で使われるわかりにくい言葉などは、用語解説のページで解説しています。

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2015-12-23 13:09 | あそび紹介
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31