FUWA-FUWA-DOME!

 こんばんは、ブログ担当です。
 今日は、ぐんま少年少女センターで指導員から親になっていった家庭を中心に、公園で遊びました。
 特にイベント立てていたわけではなく、なんとなしに「29日に遊ぶベー」と集まった今回。
 参加したのは、3歳から小学1年生までの子ども7人と、その保護者+ブログ担当の8人計15人でした。

 場所は県内の某公園。
 もちろん入場無料で、広大な敷地に芝生や舗装面、遊具に休憩所などが揃っています。
 そして何より、ここにはそう! あれがあるのです。
a0290864_22524225.jpg






 FUWA-FUWA-DOME=ふわふわドーム!!
a0290864_22523506.jpg

一通り「あれ」で遊んだ子どもたちは、そのほか高さ6~7メートルはあろうツリー型の遊具に繰り返し登ったり、自転車の練習をしたり、スケボー(ソリ扱い)したり、サッカーしたり、野球したり、枝で遊んだり土を掘ったりと、みんなで遊んで各々で遊んで、自由な時間を過ごしました。
a0290864_22525701.jpg
a0290864_22525175.jpg
a0290864_22524765.jpg
a0290864_22530347.jpg

 子どもたちは、ちっちゃいケンカやちっちゃい仲直り(あるいは「なかったことに」する)をたくさんしながら、ちっちゃな意地の張り合いやちっちゃな譲り合いで、友達との距離や関係性を作っていました。
 おとなはおとなで、時に壁として立ちはだかったり、あっさり負けてみたり、粘って負けてみたり、説教たれたり甘やかしたりしながら、ほんわか子どもたちを見守っていました。
 日の高いうちに始めた今回は、日が傾いて寒くなるとともに終了し、男児&お父さんチームの一部がスーパー銭湯で汗を流して解散となりました。
 身近なところに、こんな形で異年齢のつながりがあるこの子たちが、今後どんな成長や変化を見せてくれるのか楽しみですね。

ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2015-11-29 23:25 | その他
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30