あそび紹介4・ガッチャン(ねことねずみ)

ぐんま少年少女センターのイベント内で行われているあそびについて紹介します。
第4回は、「ねことねずみ」です。
なお、ぐんま少年少女センターではこの遊びを「ねことねずみ」という風に言いますが、地域によっては「ガッチャン(またはガッチョン)」と言ったりもします。
以下ルールの説明(画像)




なお、画像中の説明
1→おすすめの実施人数
2→必要な道具
3→コートの有無 広さが必要か
です。
a0290864_23103343.jpg
a0290864_23110760.jpg
このゲームの

○良い点
体力や足の速さに関係なく楽しめる(ハメ技可)
あそびの中で2人組がコロコロと入れ替わるので、イベント序盤のコミュニケーションに良い
「座る」ではなく、「手をつなぐ」といったルール展開も可能
広い場所を必要としないし、屋内外関係なく楽しめる

×悪い点
ねずみが座らずに逃げ続けると、信じられないくらい面白くない遊びになる(鬼ごっこを傍観しているだけのあそび)
ねこが無気力だと、誰も楽しめなくなる

※気を付けること
隣に座ることを拒否したり、手をつなぐことを拒否してしまうと、途端に楽しくなくなってしまうので、そういった場面が発生しないような配慮やルールを設定したり、指導員が間に入る等のケアが必要になることがあるのでそこに注意。
また、ねずみが逃げ続けると周りが楽しくないことや、「このゲームの面白さがどこにあるか」を、明に暗に出しながら進めるとよい。
(ねこを引き付けるだけひきつけてから座ると、反対側にいたねずみ(逃げなきゃいけない人)は、至近距離にねこがいる状態(超不利)からスタートすることに・・・こうなると、大人も子どもも関係ない)

このほか、ぐんま少年少女センターで行っているあそびは、あそびの紹介ページまたは以下から御覧ください。

あそび紹介・1 自己紹介ゲーム
あそび紹介・2 天下
あそび紹介・3 三色おに
あそび紹介・5 ミイラ
あそび紹介・7 じゃんけんおに
あそび紹介・8 神々の遊び
あそび紹介・9 Who am I?
あそび紹介・11 王さんとり
あそび紹介・12 ドロケー(ケイドロ)
あそび紹介・13 石木おに
あそび紹介・14 出てけ

そもそもなぜ遊びの紹介ページを始めたのかについてはなぜ、遊びの紹介ページを作ったかについてのページをご覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!

また、不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。
ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2015-10-29 23:14 | あそび紹介
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30