骨髄ドナー体験について・その3

ここは、ぐんま少年少女センターのブログのページです。
ここでは、たまに行われるぐんま少年少女センターの活動について、細々と紹介しています。
ただし今回は、ブログ担当が経験した貴重な体験についての記事です。

地味~に継続して閲覧者がいらっしゃるので、せっかちなあなた(誰?)のために、全部のリンク用意しました。適当に使ってください。
ドナー体験記その1~御挨拶と、お断り~

---以下本文---

【入院・手術・退院】





『入院』
入院日の1時ごろに、入院の手続きを済ませ、そこから入院する部屋に案内されて、喫煙飲酒の習慣や、最近の体重の増減、食事の量やトイレの回数、睡眠時間、宗教の有無、家族の連絡先、いざというときには連絡を取ってよいか(←認識はしていたが、聞かれるとちょっと動揺した)、などを聞かれたり、先生や担当の看護師さん、師長さんがあいさつに見えたりと、あわただしくはないけれども人の出入りが2時ごろまでありました。
そこからは、暇だったので本読んだり、寝たりしていたら夕方になって、晩御飯食べた後「おやつ食べたくても、10時以降には食べないでね」って注意されたり、映画見たりしていたら夜中になりました。
やはり前夜ともなると、若干の不安を抱えながら、午前1時過ぎに寝ました。

『手術』
5時ごろ起床。あまりにやることなく暇なので、二度寝にチャレンジしたり本読んだりしていたら、7時ごろに検温。
その後、10時前に採血と点滴して、10時ごろに歩いて手術室へ。このころになると、自分でもわかるくらい表情が硬くなっていて、看護師さんが気を使っていろいろ話かけてくれました。かわいらしい感じの若い看護師さんで、とても助かりました。
手術台に寝転がり、「それじゃあ麻酔点滴します。冷たいなって感じたらもうすぐ麻酔効いてきますんでー」と言われ、実際左腕に冷たい何かが入ってきたなーと感じた直後に、景色がぐにゃんと曲がり、起きた時には終わっていました。
術後は、「患部の圧迫止血をあなたの体重でやるんで、寝返りなんかは打たないように。とりあえず安静にしといて」と言われ、点滴受けながら寝ていました。
痛みは、想像していたような激痛はありませんでしたが、「おととい木製バットで腰をぶん殴られたとこが、あざになってて痛い」みたいな、どんよりとした腰の重みがある感じでした。
正直なところ、「痛い痛いって言っても、こんなもんか。よかった」って思ったくらいでした。
手術は昼過ぎに終わっていましたが、安静解除になったのは夕方でした。
晩ごはんを食べ、ゆっくりして、映画見たり本読んだりして寝たのが12時ごろ。
んで、翌朝検温して、9時くらいに主治医の先生、麻酔科の先生からそれぞれ問診と術部の確認を受け、15分後には退院許可が出ました。

『退院後』
腰の重い痛みは、そこから数日間ありましたが、仕事(デスクワーク)に影響が出るほどのものではなく、比較的すぐに日常生活に戻れたという感じがします。車の運転も、翌日から普通にしてました。
総じて言えるのは、まぁ自分に大事が起きなかったからではありますが、「事前に言われていたほどの痛みや不具合はなかった」というのが私の感想です。
もし、人生でもう一度、ドナーとしてのチャンスが与えられるなら、喜んで協力したいと考えています。

【余談】
余談です

『ドナー登録のきっかけ』
ドナー登録したこと自体もほんの些細なことでした。
よく献血はしていたのですが、ある日、献血センターで献血をしていたら、ちょうどドナー登録のキャンペーンをしていたので、用紙を持ち帰って内容を見て、次の献血の時に採血ついでに登録をしました。
誰か身内が病気だったから、とか、人の命を助けたいと思って、的な高尚な考えは一切なく、まぁ軽い気持ちで登録してましたね。

『お金の話』
それと、気になるお金の話ですが、ドナー側の負担は、ほぼないです。金銭的には。
入院費や手術にかかる費用はもちろん、検査に向かう交通費もすべて、レシピエント側から出ているみたいです。

『仕事を休むこと』
なんやかんやで仕事に結構穴が開くので、仕事に穴が開けられない方や、フォローしてもらえない方は結構大変かもしれません。
私は、職業柄比較的休暇を取るのも自由にでき、また、職場として「そーゆーの(骨髄提供等)には、きちんと行かせないとだめだ」みたいなルールもあるところだったので、理解を得られましたが、入退院の日を除いても4回くらい病院に行ったので、「あ、血液検査してあとは手術みたいな簡単なもんじゃないんだなー」と思ったのをよく覚えています。

『覚悟が決まった日の話』
手術日が決まったら容易に動かせない理由を聞いたときに、自分だけじゃない、「もう一人の誰か」の存在を強烈に意識し、覚悟が決まりました。
☆容易に動かせない理由解説☆
a0290864_11112373.jpg
手術日に向けて、患者は自分の白血球を破壊していき、新たな造血細胞の受け入れを準備する。
簡単に言うと、免疫を限りなく弱め、私の骨髄液(造血幹細胞)が定着しやすくなるようにするということなんですが、、、
要は、免疫が弱まるってことは、様々な感染症のリスクが高まり、また、万が一感染症にかかった場合の、防御策を失うということです。
そのリスクを冒しながら、新たな希望の到着を待つということで、常識的に考えて、そのリスクを冒す期間は限りなく短くなくちゃいけない、となるわけです。
そのため、ドナーもレシピエント(患者)も、設定された「手術日」に向けて、カウントダウンをするように準備をしていくわけです。
手術前に、過剰なまでに「体調管理には気を付けてくださいね」と言われていましたが、確かにこんな話聞かされたら、妊婦でもないのに「自分だけの命じゃない」と思えました。

【最後に】
何もわからず、不安もあった中で、色々な話をして不安の種を解消してくれたコーディネーターさんを始め、ものごっつ忙しそうな中で色々やってくれた主治医の先生、一回しか会わなかったけど、心に残る話を聞かせてくれた麻酔科の先生、身重の体ながら、緊張をほぐしてくれた若い看護師さん、理解ある課長と職場の皆さん、親、友人、ネット上にドナー体験記をあげてくれてた人…
いろいろな人の力で、無事に提供をすることができました。

最後になりますが、私の骨髄を受け入れてくださった方が、今なお、御存命で、かつ、御健康でおられますことを、祈っています。

以上ここまで、私のドナー体験記でした。

長々とした文章ですみませんでした。
読んでいただいた方、ありがとうございますm(__)m
振り返り用リンク
このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2015-10-12 11:00 | その他
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30