夏のあおぞら学校1日目

こんにちは、ブログ担当です☆
9月4日と5日は、夏のあおぞら学校を行いました☆

1日目は、受付を済ませてオープニングゲーム大会…
とここで、重大な事実に気がつきます。





暑い!!
暑すぎる!!!
それもそのはず。後から聞いた話によれば、各地でこの夏一番の暑さを記録したそうで…

走る遊びは日陰で、というか遊びは基本的に日陰で、休憩を入れながらということになりました。さいわい、桐生市民広場は木がたくさん生えているので日陰には事欠きません♪
遊ぶ範囲が日陰に限定されたところで、さしたる問題はありませんでした☆

1日目は、ゲーム大会、大☆人間すごろく、夕食づくり、肝試し、お寺にお泊まりとイベント盛りだくさん。
大☆人間すごろくは、各班がマス目をつくり、止まったマスのお題を班員がこなしていく、というものでした。
お題も各班で作っただけあってユニークなものが多く「面白いニックネームの人を、5人連れてくる」、「時計のついている柱に全員でタッチして帰ってくる。やれば2マス進める。やらなければそのまま。」、「お茶飲み休憩をする。1回休み」、「次の自分たちの番まで、他の班が出したお題をすべて一緒にやる」といったように、体力を使うものから休憩を促すものまで様々なお題が作られました。
ゴールにぴったり止まらないとあがれないのに、ゴール1マス前にある「もう1度サイコロをふり、出た目の数だけ戻る」に、多くの班が泣かされていました。

夜の肝試しでは、5年生以上の有志が「おどかし役」となり、みんなを楽しませていました☆
特に、ルートの後ろの方でおどかし役をしていた5年生と中学生が「次のグループ、怖すぎて何人か泣いちゃってるみたいだし、ちょっと抑えぎみでやろうか」と、自分たちの判断で「よりみんなが楽しめるもの」を作ろうとしていたことがとても印象に残りました。
考え、判断し、実行していく力がどんどんついていく姿を目の当たりにできるのは、しどーいんとしてかなり幸せなことだなぁ…なんて思ってしまいます☆

1日目はこの辺で。
2日目の記事はまた改めてアップしますのでお楽しみに♪

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。

[PR]

by blog-gssc | 2010-09-05 23:30 | イベント@桐生市
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30