リーダーキャンプin戸隠…1日目

こんばんは、ブログ担当です!
6月2日(土)〜3日(日)に、戸隠イースタンキャンプ場にてリーダーキャンプを行いました。
参加したのは子ども7人、しどーいん11人の計18人!
リーダーキャンプというのは、中学生以上を対象にしたイベントで、夏のキャンプに先立ってキャンプ場の下見を行ったり、中学生以上ならではのこと─学習など─をするというものです。






主なプログラムを以下に大枠で
1日目
・プログラム1(班別活動)・危機管理講座
・夕食づくり
・危機管理ふりかえり
・プログラム2(夜プログラム)


2日目
・朝昼ごはんづくり
・プログラム3(班別活動の発表)


1日目は、まず、有志2〜3人のグループで、
・キャンプ場マップ作成班
・川班
・雨対策班
・夜のプログラム企画班
・肝試しロケーションハンティング班
にわかれ、班別の活動を行いました。

報告会が2日目に開かれましたので、詳しくはその中で。

その後、埼玉北部センターより講師をお招きし、危機管理講座を行いました。
日頃のキャンプで扱っている、ナタや包丁、かまどなどの道具・設備について、良い性能・能力がある反面、こんな危険性や意識すべきことがある、という話をしていただきました。

中学生たちも真剣に聞いており、「かまどの前にいるときには、鍋が倒れたりしてもすぐに反応できるよう、ベタ座りしない」といった話の際に「あー…ベタ座りしてた」などの声が上がっていました。


夕食づくりでは、先ほどの話を頭に入れながら、3班にわかれて創意工夫をこらした料理を作りました。
ある班は、小麦粉、バター、牛乳、ブイヨンで、市販のものに勝るとも劣らないシチューを作り上げ、皆を驚愕させていました。

夕食後、危機管理講座からの夕食づくりを経て、実際にどんなことを意識したか、きちんと講座の内容が活きていたかなどを、全体で確認しました。
その中では
ベタ座りにはなっていなかったけれど、すぐに逃げられる体勢ではなかった
切れ味の悪い包丁が多い
といった、安全面に関する気づきや指摘がありました。
青年だけでなく、中学生・高校生の間でも危機管理に関する意識が高まったことは、センターにとってとても重要なことだと思います。


夜プログラムはあいにくの雨となってしまいましたが、炊事場の屋根の下で、歌い・踊り楽しみました♪
中でも、「過去に置き去りにされた古のスタンツを、青年しどーいんの手により蘇らせる」イベントでは、“ここ数年行われなかったため今の中学生が誰一人としてその存在を知らなかったスタンツたち”を、青年しどーいんが解説・実践することでスタンツの新たな選択肢を中学生に伝えました。
実際に一緒にやってみた中学生たちも、大いに楽しんだ様子で、翌日そのスタンツで歌っていた曲を鼻歌で歌う姿も見られました(笑)


1日目はここまで
2日目に続きます

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。

[PR]

by blog-gssc | 2012-06-05 20:55 | キャンプ
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30