<   2016年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


第3回キャンプ会議

こんばんは、ブログ担当です。
今日は、第3回キャンプ会議を行いました。参加したのは大人3人に学生1人の4人。
a0290864_22263947.jpg
高校生大学生と、楽しいことをやろうという企画「おい! 泊まりがけであそばねぇか!?(仮称)」が始動しました。
1月の終わりに、県内の宿泊施設を使って、泊まりがけで遊びます。
何をやるかはまだ未定ですが、どうあがいても楽しいものにはなります。
だって、同じ世代の子たちがいるだけで、もうそれだけで楽しめるでしょ?
そして、会議の合間にはこんな時間も(笑)
a0290864_18321138.jpg
そう、こまです。
あ! 誤解がないように言っておきますが、今日に限ってやってるわけじゃないですよ!
ほぼ毎回、会議中に誰かしら遊びはじめますからね!(なお悪いわ)
考える側も楽しんで
参加するほうも楽しんで
いいものができたら良いですね。
ってことで、約4時間の会議を無事に(?)終え、また次回につながっていきます。

そして12月4日はクリスマス会(ミニ)ですよー♪

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-11-30 23:58 | その他

勉強会を行いました(11月29日)

今日の勉強会には、中学生2人、高校生2人、大学生2人、大人1人の計7人が参加しました。
勉強会では、数学(相似)、理科(星の移動・地球の自転)、英語などを行いました。

勉強会について、その成り立ちや始まりの経緯などについては勉強会についてのページを、意識してることやたまにやっていることの紹介は勉強会について・その2を、その他過去の勉強会の様子は、勉強会のカテゴリー一覧を御覧ください。
また、不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!

ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。

[PR]

by blog-gssc | 2016-11-29 23:29 | 勉強会

勉強会を行いました(11月22日)

今日の勉強会には、中学生2人、高校生1人、大学生1人、大人2人の計6人が参加しました。
a0290864_20310380.jpg
勉強会では、数学(平面図形、因数分解)、英語などを行いました。
また、11月19日・20日に行われた全国集会の行き帰りの車内でずっとやっていた「10にする」という遊びや、いつもの「ウミガメ」を行いました。

勉強会について、その成り立ちや始まりの経緯などについては勉強会についてのページを、意識してることやたまにやっていることの紹介は勉強会について・その2を、その他過去の勉強会の様子は、勉強会のカテゴリー一覧を御覧ください。
また、不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!

ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-11-22 23:57 | 勉強会

全国集会in焼津(静岡県)エピローグ

こんばんは、ブログ担当です。
11月20日まで、子どもの組織を育てる全国集会in焼津に参加してきたのですが、これはそのあとの話です。
全国集会本編とプロローグは、以下をご覧ください。


大盛況のうちに終えた子どもの組織を育てる全国集会in焼津。
その興奮冷めやらぬ20日の夕方、ぐんま少年少女センター「日曜日の東名高速で渋滞に巻き込まれるくらいなら、仕事休んででももう一泊して帰ろうぜ班」の2人は、伊豆縦貫道を南下していました。

目的地は、河津町。
河津桜で有名な、伊豆半島の南に位置する町です。
a0290864_21425225.jpg
これが河津桜です。
a0290864_21431576.jpg
もちろん今は時期ではありませんので参考までに。
ソメイヨシノよりも濃い桃色(薄紅色と表現されることもあるくらい)をしているのが特徴です。

そんな河津町で一泊し、だらだらと寄り道をしながら帰ります。
a0290864_21455971.jpg
朝ごはん。
a0290864_21455993.jpg
宿泊したとこ。
そしてこちらが、月曜日の目的地のポスター・・・
a0290864_21460070.jpg
ペンギンいません! イルカもいません!
a0290864_22475893.jpg
ライオンいません! キリンもいません!

なんだこのポスター(笑)

はい。
ブログ担当はどうしてもここに行きたかった。
ライオンも、キリンも、ゾウもペンギンもイルカもいない動物園、「iZoo(いずー)」に!

「いずー 歌」で検索すると、尋常じゃないくらい耳に残る音楽をダウンロードすることができます。
それが、iZooの公式ソングです。
もうとにかくここに興味があって、どうしても行きたくて、連れを説き伏せて行ってきました。
CMソングを聞いただけで、予備知識ほぼゼロで行ったのですが、結論から言ってものすごく楽しかったです。
なお、ここから、カメ、ヘビ、カメレオンなどの写真が続きます。
苦手な方は今すぐに引き返してください!
超かっこいいエメラルドツリーボアの写真とかもありますが、苦手な人は今すぐに引き返してください!

入園料1,500円を支払い、まず、入って最初の「?!」ポイントがここです。
この前にも、アルビノのイグアナとか世界初の捕食シーンを撮影した超珍しいトカゲの映像とかがあるのですが、これの衝撃には勝てなかった。

a0290864_21460253.jpg
え?
ウーパールーパーに触れるの!?(触れます)
a0290864_12353679.jpg
この距離で触れて、大きめの水槽にちょっと驚く(引く)くらいの数のウーパールーパーがいます(笑)

そして、先に進むと・・・
こんな掲示が。
a0290864_21455762.jpg
毒のある生き物もいるの!?(います)
ちなみに、この掲示には「毒だからって敬遠しないで」というiZooの気持ちが見えて、とても好感が持てました。

なお、見るのを楽しみすぎて、毒ヘビ一切撮ってませんでした(笑)
ガラガラヘビ、ブラックマンバ、ハブ、マムシ、クサリヘビなど、そうそうたる毒ヘビたちが、1フロアにいました。
ご丁寧に、「どんな毒でどういった症状になるか」や、「現地の意味でこういったもの」という説明書きもあり、ためになります。
そして何より、毒ヘビってきれいだったりかっこいいんですよね。写真ないけど。

そして、同じフロアにはなぜか、手で触れられる距離にいるカメレオンもいました。もちろん、触ってはいませんが。
特に「触っていい」という注意書きがある場合以外は、触れられる距離にいても触れないほうがいいものだと思っているので。
ただし気を付けてください! こいつら色を擬態できるくせに、床を歩いてることもあるそうです! うっかり踏まないように!!(それは展示上の欠陥では・・・?(笑))
a0290864_22283684.jpg
そしてその先にはこんな張り紙も。
a0290864_22283854.jpg
まさかそんな・・・
通路を、カメが歩いています・・・?なんてことが・・・
a0290864_22313027.jpg
(歩いています)
通路曲がった瞬間にこれって(笑)
a0290864_22313252.jpg
迷わず近づいてくるし(笑)
a0290864_22313451.jpg
餌やりできるし(有料)
もうなんかいろいろおなかいっぱいで屋外の展示に出ていくと、そこにはゾウガメが放たれていて・・・
a0290864_22313577.jpg
体重30Kgまでのお子様ならば、カメの上に乗って撮影もできます(有料)

a0290864_22313788.jpg
なぜかポニーも。
a0290864_22475995.jpg
エミューもいるよ(触れる距離だけど触る気にはならない。脚の威圧感が半端ない)
a0290864_22480288.jpg
こちらは、ゾウガメの赤ちゃん(箱飼い)
a0290864_22480077.jpg
ワニ(詳しい名前は忘れた)
a0290864_00230030.jpg
なぜか鶴も。
a0290864_22283550.jpg
白ヘビ(縁起物)
a0290864_00225807.jpg
天然記念物もいる。
a0290864_00225796.jpg
研究・保護施設としても一流(これ以外にも、「日本で初めて」「世界初の」「日本で最も多くの」というフレーズが至る所に転がっている、超すごい施設でした)
a0290864_00225945.jpg
ミドリガメ(特定外来種)について、解説と「捨ててはいけませんよ」という警告のあとに、「もし、どうしても飼いきれなくなったら、捨てずにうちに持ってきなさい。引き取るから」という注意書きがある。
その結果かどうか知らんが、展示というにはおびただしすぎる数のミドリガメがいる。
そして・・・
a0290864_22283401.jpg
ツリーボアさん・・・
この枝へのまきつきかたが・・・
a0290864_22283925.jpg
はぁ・・・(うっとり)
かっこいいわぁ・・・

とまぁこんな感じで、屋内と屋外を行ったり来たりしながら見学していました。
また、ここでなんと先の全国集会で一緒だった人たちにも遭遇。
しかもその人たちは、前夜に「あー、あの人たちに連絡先聞くの忘れた! あそこの遊ぼう会に行ってみたかったのに! 方法ないかなー」と、本気で悔しがっていた、まさにその地域の方々!
偶然の再開に驚きながら、無事に連絡先をゲットし、ほんとに遊びに行きます(笑)
a0290864_00235095.jpg
その後、シャボテン公園にも行ってみて、雨の中カピバラやサボテンを見て帰りました(雑)
a0290864_00301683.jpg
a0290864_00301492.jpg
a0290864_00301164.jpg
a0290864_00301211.jpg
a0290864_00301367.jpg
このほか、カワウソとかフェネック、ワラビー、チンパンジー、クジャク、ペリカンなど、実に多種多様な生き物であふれかえっていましたが、残念ながら寒すぎて・・・(笑)
早々に退散してしまいました。

そんなこんなで、平日の伊豆を堪能し、ゆったりのんびり帰ってきましたとさ。

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-11-21 23:32 | その他

全国集会in焼津(静岡県)2日目

こんばんは、ブログ担当です。
11月19日・20日の2日間、「子どもの組織を育てる全国集会in焼津」に参加してきました。
2日目終了段階での参加者が200人ということで、近年でも大きい規模な全国集会となりました。

1日目の様子は全国集会in焼津 1日目の記事をご確認ください。
2日目の簡単な流れは以下の通りです。

・起床、朝食、お散歩
・分科会
1 「子どもと遊び」
2 「子どもとの関わりって?」
3 「青年のリアルと活動」
4 「キャンプ・学び合いと自治」
5 「おとなの役割」
・全体会


【起床、朝食、お散歩】
起きてご飯を食べた後、ホテルから徒歩1分の海岸に行きました。
a0290864_23300025.jpg
やっぱり、富士山はきれいです。
何人も全国集会の参加者が来ていて、各々お散歩したり写真を撮ったりしていました。
a0290864_23300210.jpg
a0290864_23295942.jpg
a0290864_23300451.jpg
写真は、ぐんま少年少女センターから参加している、「画になる未就学児A」
この直後、海岸に生えている植物にサンダルひっかけて脱げてたのは内緒(笑)


【分科会】
2日目のメインは分科会です。
いくつかのテーマに分かれて、各地の実践を紹介し合ったり、悩んでいることや聞いてみたいことを聞き合ったりします。
ブログ担当は、3 「青年のリアルと活動」に参加しました。
a0290864_23300627.jpg
まず、進行を担当する世話人さんから、
1 今回のテーマについて、何かの答えを導き出すようなものではないこと
2 最初は簡単な自己紹介のあと、各地が用意したレポートを読む中で感じた意見を交換していくこと
3 お昼をはさんで午後になったら、また別のテーマで意見交換をしていくこと
が提案され、その流れで行くことになりました。
ぐんま少年少女センターからもレポートが出され、発表を行いましたが、各地のレポートからは、
・学生生活や仕事と、センター活動・少年団活動の両立の難しさ
・運営側の立場として、そういった両立が難しいことも理解しつつ、活動に参加してほしいという思いとのジレンマ
・仕事における子どもとの関わりと、活動における子どもとの関わりの違い(ギャップ)が苦しい
・「時間がない」という言葉を使わざるを得ない学生・青年と、「それほどでもないだろ」と思ってしまう親やベテラン勢の意識のずれ

といった話が出されました。
また、お昼ご飯をはさんで午後は、自分の行っている活動と、社会・世間にずれを感じた瞬間や、仕事・学業と活動を両立させたことで見えた少年団活動・センター活動の魅力について話し合いました。
a0290864_23300634.jpg
ある保育士さんは(分科会に保育士さんとそれを目指す人、資格だけは持っている人あわせて5人以上いました)、「子どもたちの自主性を重んじたり、それぞれの成長のペースの合わせようという意識を少年団活動では持っているが、いざ仕事にそれを活かそうとしたときに、30人からなる子どもたちを一度に動かさなければならない、一気に見なければならないことによって、どうしても「管理」という形が大なり小なり発生してしまう」「また、その管理に慣れていってしまうことで、活動中にその色が出てしまうことがあり、自分でいやだなと感じることがある」といった話をしていました。
また、現在の日本が、提供されるものを消費したり鵜呑みにしていけばいいという、まるで「自分で考えること」を否定するような価値観にあふれていて、「自分の頭で価値判断をする」「きちんと意見する」子どもが活きにくい形になっているような気がするといった話が出る中で、少年団活動の中で「自ら考え、行動する力を育てる」という方針が、世間の考えに逆行している(子どもを逆風にさらすことになる)ような感覚になるといった話も出ました。

親・指導員・学生・社会人・事務局・保育士・今は関われていない人・もうすぐ就職する人・・・
それぞれが「一つだけではない」立場の中で、自らの思いを話し、また、自分とは異なる立場や似た立場にいる人の話を聞くことで、新しい発見があったり、自分の活動に自信を持てたりできる会でした。


【全体会】
最後の全体会では、各分科会の報告と、前日の講座の報告があり、また次回開催地の大阪から挨拶があったりしました。
来年は大阪開催です!
大阪はみんな楽しい人ばっかりだし、締めるところと抜くところのバランスがすごくいいので、いい全国集会になると期待しています。
a0290864_23300732.jpg
a0290864_00171196.jpg
a0290864_00171098.jpg
最後に、もう一枚富士山。
a0290864_00171171.jpg

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-11-20 23:22 | 全国ネットワーク

全国集会in焼津(静岡県)1日目

11月19日・20日の2日間、「子どもの組織を育てる全国集会in焼津」に参加してきました。
2日目終了段階での参加者が200人ということで、近年でも大きい規模な全国集会となりました。
ぐんま少年少女センターからも学生1人を含む7人が参加し、学習や交流を行いました。

1日目の簡単な流れは以下の通りです。

・始まり(全体会)
・基調報告
・企画 「激突! 親の言い分対青年の言い分」
・講座
A「今こそ伝えたい平和の思い」
B「どの子も大切にする“学校と地域”~子どもにかける思い」
C「少年少女センターの歴史と子ども組織」
D「うばわないで! 子ども時代~第五福竜丸のまちで語り合い・考える」
・夕食会&交流会

以下、ざっくりと書いていきますが、その前に、「全国集会」「少年団」「指導員」など、普段聞きなれないであろう言葉や、ブログに頻出する言葉などを用語解説のページで解説していますので、よろしければこちらもご確認ください。


【始まり(全体会)】
現地実行委員会委員長挨拶、全国ネットワーク代表挨拶のあと静岡センターの歩みを、映像・音楽・寸劇などを交えながら振り返っていきました。
a0290864_14403005.jpg
a0290864_14403116.jpg
【基調報告】
基調・・・基となる調(しらべ)、「根底を流れるもの」「全体を通してのテーマ」といった意味合いでしょうか。
全国ネットワーク事務局長の神代さんから「子どもの権利を真ん中に 子どもの権利の花を咲かせましょう」と題した基調報告をもとに、少年少女センター全国ネットワークの歴史とこれまでの取り組みについてや、私たちが行っている活動が持つ意味合い、当たり前にやっていることがいかに社会において重要な意味を持つか、について話されました。
・子どもの権利条約について
・子どもの「居場所」について
・遊びと学びと働くこと(役割を持つこと)について
などを噛み砕いて説明・報告するのを、みな真剣に聞いていました。

【企画】
ここでは、『「少年団に参加する子ども」の親』と、「少年団の指導員」を一つの対立軸に置く中で、それぞれが普段言えない思いについて、数人のグループに分かれて話し合いました。
ただ、この集会にはその軸には収まらない「友人に誘われて子どもへの取り組みや親の本音などを聞ける集まりだと聞いて来た」という方もいらっしゃったので、「少年団」や「指導員」といった、私たちが当たり前に使いながら、世間ではなじみの薄い言葉や世間での使われ方とは意味合いが異なる言葉を解説しながら、どちらの極にも属さないフラットな目線で見た意見を聞きました。
その中には、はっとさせられる意見もたくさんありました。
a0290864_14403121.jpg

【講座】
ブログ担当が参加したのは、D「うばわないで! 子ども時代~第五福竜丸のまちで語り合い・考える」でした。
講師は、焼津市出身で子ども白書編集委員会事務局長・小田原短期大学講師の斎藤史夫さんと、獨協大学4年生で朗読グループ“種まきうさぎ”の長島楓さん。
斉藤さんは、どちらかというと進行や補足をメインにされて、主な内容は長島さんがお話ししてくれました。
長島さん自身が福島県出身ということもあり、震災の状況や、その後のボランティア活動の中で、子どもたちが心に抱えてしまったものなどにたくさん触れています。
一方で、それらの情報が他の地域ではほとんど知られていないことから、そういった情報を発信していくべきだということで、様々な取り組みをされています。
今回も、子どもたちについてのとてもリアルなお話をしていただきました。
・どこかで遊ぶのも、何かを食べるのも、「線量」「被ばく」を気にしなくてはならない生活というのは、容易に想像することもできないくらい、現実離れしたことのように感じますが、それが福島では「当然」のことであり、それによる制限や制約がまだ多いこと
・「自然と触れ合う」というごく当たり前の行動が、当たり前にはしがたいという状況があることや、近所の方からおすそ分けでいただいた野菜や果物を簡単に口にはできず、受け取っても断っても関係がうまくいかないことにストレスを感じてしまうことなど、「地震の被災者」である以上の、困難を抱えているということ
・子どもの被ばくに過敏に反応する親、無関心すぎる親、同じ「被災地に住む子どもの親」でも、考え方の相違や軋轢が生まれてしまうこと
・「お受験」でも、「学校での仲の良さ」でもなく、「放射線に対する意識の違い」から、子ども同士を関わらせにくくなってしまう親の心境
・津波や原発の影響で校舎を失い、他の学校を間借りして授業を受ける学生の状況
・みんながいろいろな学校にバラバラに振り分けられるため、部活動もままならず、また仲の良かった友達とも疎遠になってしまう上に、行った先の学校でもその学校の子たちと関われない環境にあること(学校における生活空間が分断されていて、元いた生徒側からしても新しく来た子たちとどう関わっていいかわからない)
・心無い言葉をかけられたりすることが、依然として存在すること、「福島県出身です」と言いにくい空気があること(「え?震災大丈夫だった?」とほぼ聞かれるが、実際は大丈夫じゃないけどその話をするとひかれたりするので、「大丈夫」と答えるしかない→ストレス)
・総じて、一概に「これが問題です」とは言い切れない、あらゆる問題や困難が複雑に絡み合っていて、解決の糸口を見えなくしてしまっていること
・被災者自身が、様々な「タブー」を心の中に持っていることで、自分からも情報を発信しにくくなっているし、それが問題を見えにくくしているところもある(被災者が悪いということではなく、そうしてしまう・せざるを得ない空気がある)ということ
・そして、そんな中でも、みんな懸命にやっているということ

そういったお話を、ストレートに、しっかりとした言葉でしていただきました。

大学4年生にしてここまでの「伝える力」があるということに、うらやましさを感じる一方で、一体彼女はどれだけの経験をしてきているのだろうという思いもありました。
おそらく、通常の同世代の人たちが歩むよりもよほど濃い人生を幼少のころから歩まなければ到底得られないような、感受性と表現力を持った方でした。
そして、見ていてうらやましくなるくらい、福島という土地が好きなんだなぁという感じがしました。
地元を好きでいられる、地元に誇りを持てるというのはそれだけで、活動していく上でのとても大きな原動力になるものだと思います。
ブログ担当も、グンマ愛を表現してはばからない人間ですが、さらに見倣っていきたくなりました。
a0290864_14402907.jpg

【夕食・交流会】
乾杯の音頭をブログ担当(私)がとらせていただきました。
今回、会場使用の都合で、若い子たちだけで夕食交流会(大人は別室)となったのですが・・・・
いやはやすごい・・・
みんな楽しそうで・・・
ブログ担当など、何の印象にも残らなかったのではないでしょうか?
a0290864_14403036.jpg
a0290864_14522850.jpg
a0290864_14522763.jpg
唯一、ぐんま少年少女センターの紹介だけは、わずかな「ネタ」をみなさんに提供できたので良かったです。

「HP?」「いやいや、officialのほうです!」(内輪ネタ)

その後も夜遅くまで交流は続き・・・
a0290864_14403043.jpg
全国集会は2日目に続きます。

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-11-19 23:59 | 全国ネットワーク

全国集会in焼津(静岡県)プロローグ

こんばんは、ブログ担当です。
11月19日から子どもの組織を育てる全国集会in焼津に参加してきたのですが、これはその前段の話です。
重要な話は何一つないので、まぁ旅行記としてお楽しみください(笑)
なお、全国集会の様子は全国ネットワークの記事一覧からご確認ください。

と、いうことで、ぐんま少年少女センターからも7人が参加したのですが、そのうちの2人に関する旅行記です。
というのも、全国集会は、土曜日のお昼から始まります。高速を使えば4時間弱で群馬から静岡までは行けるので、だいたい午前8時過ぎに出れば間に合う計算です。
代表と事務局長は代表者会議に出席するため10時ごろ着かなければならないので、午前6時ごろの出発となるのですが・・・

ぐんま少年少女センター「どんなに朝早く出てもいいからうまいもん食ってから会場に行きたい班」の2人は、本隊とは別行動をとり、午前3時すぎに群馬を出発し、静岡に向かいます。

なぜ、こんなに早く出発しなければならないのか?私はそれを知りませんでした。

静岡県にはおいしい海産物がたくさんあるので、朝一番の市場でごはんとか食べるのかな・・・と考えていた私が甘かった。
以下会話です。

「朝一番に何すんの?」
「スタバ行く」
「・・・スタバ?」


なんと、足柄SAのスタバでプリンを買うのが目的とのこと。
それ今日やる必要ある?という言葉をぐっと飲みこみ、足柄に向かいます。
(後から聞いた話では、このプリン、売り切れ必至の大人気商品のようですね。どうりで最後まで一口も食わせてもらえなかったわけだ)

途中、上里SAで軽くご飯を買ったり、寄居PAで星の王子様のパネルを見たりしながら、足柄に無事到着しました。
道中結構話もしたり、楽しかったのですがほんとに長くなってしまうので割愛。

なお、着いた先の足柄は大雨でした。

無事にプリンも購入し、クーラーボックスへとしまいます。
ブログ担当は金曜日に仕事を終えて、お風呂に入って仮眠をとって午前3時の出発に備えましたが、さすがに明るくなってくるともう少々休憩がほしくなります。
ということで、ここで長めの休憩タイムに入り、この後沼津を目指します(最終目的地は焼津)。

沼津に着いたら腹ごしらえですね。
海なし県ぐんまの人間は、新鮮な海産物に飢えています。

ということで、潮のにおいがする方に進んでいくと・・・
ありました。海。
a0290864_20274490.jpg
灰色でもいいんです。
楽しいんです。

そしてはっちゃけます。
a0290864_20274543.jpg
(注:20歳)
干物も買います。
a0290864_20274693.jpg
a0290864_20282151.jpg
エビも撮ります。

そして・・・
a0290864_20274843.jpg
ごはんを食べます。

そうこうしながら、わいわいやっていると大変!
全国集会のオープニングに間に合わないかもしれない!!

ということで、急いで会場に向かって、ぎりぎり間に合って、全国集会の1日目につながっていく、というわけです。なお無事に間に合いました。

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-11-19 22:23 | その他 | Comments(0)

第2回キャンプ会議

こんばんは、ブログ担当です。
今日は、第2回キャンプ会議を行いました。
参加したのは大人3人に学生1人の4人。
a0290864_23181000.jpg
今回も、「長期的な視野で、今後もずっとキャンプなどの活動を維持して行くためにどうするか」というようなテーマを、もっとやんわりした感じで話していました。
参加者が集まるまで、20年ぶりくらいのこま回しをしてみたり・・・笑

会議では、「中高生(主に高校生)がつながれる空間を作ることを目的としたイベントや取組みをやっていこう」という話にまずは落ち着き、「とりあえず1回、泊まりの企画してみるか」ということになりました。

内容を詰めるのはこれからの話だし、人を集めるところから初めていくようなイメージなので、どうなるかはわかりませんが、考える側は早くもワクワクし始めています♪

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。

[PR]

by blog-gssc | 2016-11-16 23:58 | その他

勉強会を行いました(11月15日)

今日の勉強会には、中学生5人、高校生3人、大学生1人、大人1人の計10人が参加しました!
久々に大人数で、部屋が狭く感じるくらいの集まりでした。
a0290864_00103482.jpg
勉強会では、数学(二次方程式、錯角、円の方程式、余弦定理、相似の証明問題)、理科(金属の性質)、社会(公民)、英語などを行いました。
高校生以上の人数が多かったため、教えたり教えられたりも比較的スムーズでしたし、新しい関係性やつながりもでき始めているので、いい傾向ですね♪
受験生もラストスパートに入るところで、ピリピリしだす前の最後の和やかな時期なので、いい雰囲気は大切に、ただ、勉強したい子の気持ちは尊重してやっていきたいと思います。

勉強会について、その成り立ちや始まりの経緯などについては勉強会についてのページを、意識してることやたまにやっていることの紹介は勉強会について・その2を、その他過去の勉強会の様子は、勉強会のカテゴリー一覧を御覧ください。
また、不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!

ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-11-15 23:51 | 勉強会

11月の月例会議を行いました。

こんばんは、ブログ担当です。

今日は、11月の月例会議を行いました。
参加したのは、大人5人、大学生1人、子ども3人の計9人
①今後の予定
②全国集会について
③今後の企画について
④会議の流れについて
⑤直近のイベント(クリスマス会・もちつきについて)
などについて話しました。
a0290864_22403109.jpg
明らかに小さい子供の影がありますが、彼は真剣に信玄餅を食べているだけで、会議に参加しているわけではありません。
このあと、隣の部屋でみんなで仲良く遊んでいました。

さて、今後の予定の中で、クリスマス会というのが出ました。
これは、12月4日に実施するのですが、みんなでホットケーキでも作って食べようかという話です。
ご興味を持たれた方は、こちらのページからお問い合わせください。

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2016-11-13 22:46 | その他
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30