第53回ぐんま少年少女キャンプを行いました。

こんにちは、ブログ担当です。
8月11日~14日までの4日間、群馬県桐生市の利平茶屋森林公園キャンプ場にて、第53回ぐんま少年少女キャンプを行いました。
a0290864_14334672.jpg
参加したのは、中学生以下の子ども25人、高校生・大学生11人、大人25人の計61人。

3泊4日の全日程中、90%以上が雨または曇りの天候の中、ぐんま少年少女センターのキャンプらしい、「空いた時間は自分たちで埋めようぜ!」な楽しい時間になりました。

1日目
a0290864_14340539.jpg
a0290864_14340625.jpg
バスで現地に到着すると、まずは班を分けて、ごはんを食べます。
a0290864_14340736.jpg
その後、自治委員決めを行い、中学生2人が自治委員になりました。

a0290864_14340751.jpg
a0290864_14340776.jpg
1日目の夜の交流会では、自治委員が企画した宝探しを行ったり、たくさんの歌を歌いました。
a0290864_14340402.jpg
夜はみんなで班会議。
1日を振り返りながら、明日のことについても話し合います。


2日目

2日目は、前日の夜の雨の影響もあり、川あそびも山登りも中止となってしまいました。
しかし、そうなってからがぐんま少年少女キャンプの本領発揮です。
もともと真っ白なプログラム(笑)
そこを埋めていくのは、子どもたちです。

ある班は、外の様子を伺い続け、雨がおさまったときに隙間を縫うように外に遊びに行きました。
a0290864_14355895.jpg
またある班は(・・・というかこれに関しては完全に個人の所業なのですが)、指導員が川原でへびを発見するやいなや、何の躊躇もなく(しかも抜群の手際で)捕まえ、子どもたちに生き物の観察をさせていました。
a0290864_14355839.jpg
小学生の女の子たち、逃げ出すかと思いきや興味津々でへびに集まります。あ、もちろん「爬虫類絶対無理!!」と言って、決して近寄らなかった子もいますが(笑)

夜は恒例の食事コンテスト。
a0290864_14355816.jpg
ある班は、「煮込みハンバーグとジャガイモピザ」もう片方は、「コロッケと揚げ餃子」を作りました。
a0290864_14355908.jpg
ジャガイモピザは、「生地を作るだけの小麦粉は提供できない」と言われ、考えに考えた結果薄くスライスしたジャガイモを生地として使い、その上にトマトソースなどの具をのせていくことで問題を解決しました(しかも絶品)
a0290864_14355670.jpg
別の班は、「キャンプ中って、なかなか揚げ物食べられないよね。じゃあ作ろっか」ということで、手間も時間もかかるコロッケと餃子を作りました。
どちらも、彩り、おいしさなどよく考えられていて、甲乙つけがたいおいしさでした。

写真はありませんが、2日目の夜はきもだめしも行いました。
ちょうどその時間は雨も降らず、また自治委員が他のキャンプ場利用者さんに事前に「これからきもだめしをして、この辺ちょっとうるさくなっちゃうかもしれません。ごめんなさい」という話を、すべてのグループに回って話をしておいたこともあり、滞りなく終了しました。

ただ一点、指導員が本気で怖くなってしまい、スタート前にリタイアするという珍事はありましたが(笑)


3日目

3日目は、朝から晴れの予感で、幸い9時から11時ごろにかけて晴れ間が出ました。
a0290864_14422860.jpg
前日が曇りメインの空模様だったこともあり、川の増水もそこまでのものではなく、みんなで川遊びを楽しむことができました。
a0290864_14422889.jpg
この日は、夜のキャンプファイヤーに向けての準備がメインです。
各班、話し合いを行いながら、「何をしたら自分たちが楽しいか」「そうしたらみんなが楽しめるか」を考えながら、スタンツ(出し物)を決めていきます。
a0290864_14422888.jpg
a0290864_14422711.jpg
a0290864_14441122.jpg
a0290864_14441203.jpg
a0290864_14441181.jpg
昼過ぎから雲行きが怪しくなり、夕方過ぎからは雨が降り始めたことで、キャンプファイヤーに点火することはできませんでしたが、たくさん歌って、たくさん暴れて、各班のスタンツもすごく面白くて、みんな心から笑顔になれていました。
a0290864_14441114.jpg
a0290864_14441042.jpg
a0290864_14441031.jpg
a0290864_14441338.jpg
a0290864_14441433.jpg
a0290864_14441493.jpg
a0290864_14441454.jpg
4日目

お別れの日は朝から雨。
終わりのつどいも、ブルーシートを使った屋根の下で行いました。
a0290864_14455133.jpg
ここまで来ると、初参加だったはずの子たちも歌を覚え、振りがあるものは一緒にできるようになっています。
終わるさみしさを感じながら、みんなで一緒に歌を歌いました。
a0290864_14455193.jpg
a0290864_14455111.jpg
帰りのバスでは、出発直後にもう・・・・(笑)
a0290864_14455292.jpg
a0290864_14455231.jpg
しかし、最初の子どもたちを下した後、息を吹き返した少女たちによって、キャンプソングエンドレスカラオケ大会が繰り広げられたことを私は知っています。
そんなにキャンプの曲が好きになってくれたなら、ギター弾いていた者としてもうれしい限りですよ・・・


さぁ、来週の閉村式に向けて、データを整理しなければなりません!

この時間が楽しくて大変なんだよなー


ぐんま少年少女センターの活動は、この夏まだまだありますので、どうぞお楽しみに!
a0290864_14455009.jpg
不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。

LINE@の運用を始めました!
ブログ更新情報やイベント情報がプッシュ型で届きます!
友だち追加数
こいつをクリックすると、ぐんま少年少女センターのLINE@を友達追加できます。
たぶんスマートフォンからしかできませんが、よろしくお願いします!


ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2017-08-19 14:48 | キャンプ
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31