リーダーキャンプ・1日目

こんばんは、ブログ担当です。
7月2日・3日と、今年のキャンプ開催地である利平茶屋キャンプ場にてリーダーキャンプを行いました。




リーダーキャンプというのは、中学生以上を対象としたキャンプで、その目的は①キャンプ場の下見、②キャンプへの気持ちを高める、③ただの「キャンプ参加者」から、1段上にステップアップするスキルを身に着けるなどがあります。
参加したのは、途中参加(or途中まで参加)4人を含む9人でした。

1日目は、最初に3班に分かれ
山登りA班
山登りB班
買い出し班
でそれぞれの役割を果たしました。

今年のキャンプ場には、キャンプ場から赤城山のふもとの鳥居峠に上るルートがあるのですが、ケーブルカー跡地を一気に登る石段ルートと、ぐるっと回って登っていく登山道ルートがあったため、山登り班が二手に分かれました。
途中までは一緒の登山道を歩き、途中から別ルートとなります。
a0290864_22555529.jpg
a0290864_22555592.jpg
屈強な男子2人で、急な石段ルートを上っていきます。
a0290864_22555522.jpg
ブログ担当は、細くなだらかな登山道を歩いていきました。
a0290864_22555656.jpg
全長2.3㎞の登山道でした。
a0290864_22555609.jpg
キャンプ場は曇っていたのですが、いつの間にか雲の上に出てきてしまいました。
a0290864_22555645.jpg
鳥居峠は、晴れ間も見えていました。
a0290864_22585749.jpg
鳥居峠で食べる御褒美アイスで、ここまでのカロリー消費を帳消しにする男こそそう、私ブログ担当。
a0290864_22555681.jpg
帰りはここを下ります。
これが石段ルート。
なお、石段チームは登山道チームが到着する30分前に鳥居峠に到着し、やはりご褒美アイスなどに舌鼓を打って下山していったそうです。
a0290864_22555623.jpg
下ってきた段を振り返ります。
900段近くあるそうです。

下山後、買い出し班などとも合流し、おやつ兼明日の朝ごはんとなるジャムづくりを行いました。
今回は、偶然大量に手に入ったプラムのジャムです。
a0290864_22585720.jpg
プラムは洗って皮と種を取り除きます。
a0290864_22555779.jpg
恐るべき手際で火を起こすキャンプの猛者たちの手により、一瞬で起こった火と、いつの間にか放り込まれているアルミホイルに包まれたジャガイモ(笑)
a0290864_22555776.jpg
いつの間にか網の上に置かれ、皮が真っ黒になるまで焼かれた挙句、それをむくとまっさらな肌をさらすギャップ界の帝王(美味)、とうもろこしさん

また、このあとごはんづくりもしたのですが、私自身すっかり参加者として作る側に回ってうっかり写真を撮るのを忘れていたため割愛します。

ごはんの後には、キャンプに向けた学習会を行いました。
a0290864_22585771.jpg
子どもたちとのかかわり方について、それぞれが子ども(年が下の子たち)と関わっていく中で、困ったことやうまく対応できなかったことを出し合い、それについて、ほかの人が、当時のその子どもたちの思いや、どうすればうまくいったかなどについて、想像力を働かせながら話し合っていきました。
a0290864_22585758.jpg
1日目はここまで。
2日目は、またまとまり次第公開します。

不明な言葉などを用語解説のページで解説していますので、御覧ください。
ではでは

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。

[PR]

by blog-gssc | 2016-07-03 23:08 | キャンプ
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31