あそび紹介14・でてけ

ぐんま少年少女センターのイベント内で行われているあそびについて紹介します。
第14回は、「でてけ(出てけ)」です。




1おすすめの実施人数=20人以上
2必要な道具=なし
3コートの有無=なし
4遊ぶ広さ=広くなくてもできる
です。

【ルール】
・準備・
①3人一組で集まる
②3人でじゃんけんし、一番勝ちを決める
③一番勝ちを囲み、残りの二人が手をつなぐ。
a0290864_22593858.jpg
・ゲーム・
1 スタートしたら、真ん中の一人(仮に「A」とする)は、自分を囲んでる二人(仮に「B」「C」)のどちらか一人に「出てけ」と言い指をさす。
a0290864_23003691.jpg
2 「出てけ」と言われた方(C)は、Bとつないだ手を離し、出ていく。代わりに、AはBと手をつなぎ、二人組になる。
3 出ていったCは、また新たな二人組を見つけ、その中に入り、選んで「出てけ」する。
a0290864_23011384.jpg
4 AとBの二人組も、またどこかから溢れてきた子を中に入れ、どちらかが「出てけ」される。
5 これを、延々繰り返す。


このゲームに終わりはないので、リーダーやら何やらが適当に時間を区切るとよい。
また、1ゲームを2~3分程度で一旦リセットし、ルールを確認したり、新しいルールを加えたりするのもよい。
リセットした際に、「一回も「出てけ」されなかった子」や、「何度「出てけ」しても、直後に自分が「出てけ」と言われてしまう不憫さん(男指導員に多い)」をみんなで確認すると、次のゲームがまた盛り上がったりする。

展開例
・二人組は、手をつないだまま逃げていいことにして、一人の子にタッチされたら中に入れなきゃいけない
・4人組で、三人が輪になって「出てけ」
など


このほか、ぐんま少年少女センターで行っているあそびは、あそびの紹介ページまたは以下から御覧ください。

あそび紹介・1 自己紹介ゲーム
あそび紹介・2 天下
あそび紹介・3 三色おに
あそび紹介・5 ミイラ
あそび紹介・7 じゃんけんおに
あそび紹介・8 神々の遊び
あそび紹介・9 Who am I?
あそび紹介・11 王さんとり
あそび紹介・12 ドロケー(ケイドロ)
あそび紹介・12 石木おに

また、そもそもなぜ遊びの紹介ページを始めたのかについてはなぜ、遊びの紹介ページを作ったかについてのページをご覧ください。
不明な言葉などを用語解説のページで解説しています。
このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。

[PR]

by blog-gssc | 2016-03-26 22:23 | あそび紹介
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31