用語解説のページ

このページを作成したのは2015年の12月ですが、新規にあげるものでもないためあえて日付を過去にして公開しています。

ここでは、普段耳慣れない言葉で、このブログでよく出てくる言葉について解説しています。
なお、解説についてはほぼ、ブログ担当の私見であることを申し添えます。

また、問い合わせを受けた場合には、必要に応じて記事を追加していきますので、ブログを読んでいる中で不明な言葉が出てきた際には、ぜひご連絡ください。

以下、用語の解説


【月例会議】
ぐんま少年少女センターで行っている、月に1回の会議です。
今月の予定、直近や次のイベントについての話し合い、今後の展望や学習などを行います。
主に事務局員により構成される会議ですが、事務局員じゃないと出られないわけではありません。
また、子連れ参加が多いので、子どもたちは隣の部屋で遊びながら、大人は会議(時々となりを見に行ったり遊んだり)が定番スタイルです。

【事務局(員)】
先に出た月例会議を構成する人員です。
ホームページ担当、あおぞら学校担当など、役職を持っている者と、「月例会議に定期的に参加したいという意識を持ち、センターを一緒に作っていきたい気持ちがある者」とで成り立っています。

【指導員】
私たちは、高校生以上の子ども、青年、大人、おっさんおばちゃん、その他もろもろの16歳以上の人を「指導員」と呼びます。
名前は固いし、何をすれば指導員かというのは、何年話しても結論が出ないことではありますが、ある者は「体だけ大人になった子ども」が指導員だといい、ある者は「誰よりも遊びやイベントを楽しめる人」が指導員だと言います。また、「指導」という漢字を分解し、「(子どもが進むべき方向に)指で道をちょっと(寸)指し示す人」が指導員であるという説明もあります。
明るい人には明るい人なりの、落ち着きがある人には落ち着きがある人なりの、コミュニケーションを苦手とする人にはコミュニケーションを苦手とする人なりの役割があり、「○○であれば指導員」という定義が非常に難しい、ということだけご理解ください。
狭い意味での定義は、「イベント等で子どもと遊ぶ人」です。

【分科会】
あるテーマについて、集まって話すことです。
たとえば参加者が持ち寄ったレポートをもとに(または与えられたテーマをもとに)話し合い、その問題に対しての意識や知識を深めたり、解決や進展の糸口を探ったりします。

【全国ネットワーク】

【全国集会】
年に1回、秋から冬にかけて(主に11月中)開催されます。
開催地は年によってばらばらで、その年の全国集会の最終日に、次の年の全国集会がどこで行われるか発表がある、と言うのがここ数年の定番です。
各地の指導員や保護者、地域で活動する人や、子ども、子育て、教育やそれを取り巻く問題に対して興味を持った人などが集まり、2日間にわたって様々な話をしたり、講演を聞いたりしています。
ここでは、若いから・年を取っているから、男だから・女だから、子どもがいるから・いないからといったことは関係なく「子どもと関わる」という1点において共通した人たちが、いろいろな話をします。
かと思えば、分科会でテーマごとに分かれ、同じような問題意識を有する他地域の取り組みを聞いたり、自分の地域の状況を発表しながら、アドバイスを貰ったりということもあります。
過去の開催地(思い出せる範囲)と開催予定地は以下のとおり
2016年 静岡(予定)
2015年 福岡
2014年 東京
2013年 川崎(神奈川)
2012年 群馬
2011年 京都
2010年 埼玉
2009年 ?
2008年 ?
2007年 静岡

例年9月ごろには概要が決定し、申し込みが始まります。
興味がある方は、時期になりましたらお問い合わせにご連絡ください。
資料・情報を送付いたします。

【みそっかす】

【センター】
このブログで、単に「センター」と表現する場合、九分九厘それは「ぐんま少年少女センター」を指します。

【左京センター】
京都市左京区を中心に活動を行う、「子ども会・少年団を育てる左京センター」のこと。
ブログ担当の一人が、大学時代にここで活動していました。
左京センターには少年団が6つあり(現在は1つ休団中)、ブログ担当もその中の一つを中心に活動していました。

【少年団】
世間一般に言う「スポーツ少年団」とは異なり、「子どもによって運営される、子どものための組織」です。
もちろん、お父さんお母さんや地域の人や指導員のサポートがあって、ですが。
少年団では年齢、性別などバラバラな子どもと青年が仲間となって活動をする異年齢集団の場です。
そのような異年齢集団の中で遊びや話し合いを通して自分の居場所、役割などを感じたりして「仲間」となっていきます。少年団では子どもひとりひとりが主人公なのです。指導員は常にそのことを心掛けるようにして子どもと向き合っています。

このほか、不明な言葉や「まだわかりにくい」という表現につきましては、ご意見ご感想のページにお寄せください。

このブログに対するご意見・ご感想はこちらのページからお寄せください。


[PR]

by blog-gssc | 2009-09-14 23:44 | その他
line

子どもと遊び、子どもと育つ、ぐんま少年少女センターの活動を紹介します。ぐんま少年少女センターは、子どもたちの自主的な活動を支えることを目的とし、 夏のキャンプやあおぞら学校などの行事を企画・運営している団体です。「あそび」「歌」「仕事」を通じ、子どもたちに「自分で考え話し合う事、協力し合いみんなで楽しむこと」の大切さを伝えていきたいと考えています。群馬少年少女センターと記載することもあります。


by ぐんま少年少女センター
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31